hellokpop’s diary

Kpop カナルビ 歌詞 和訳 韓国 日本語訳 ★

【カナルビ 和訳 歌詞】illa illa 海辺 (해변) / B.I ビーアイ (비아이)

illa illa 海辺 (해변)

B.I ビーアイ (비아이)

WATERFALL

 

 

オ ヘビョニ イッソ ナエ オッソメ クテ

오 해변이 있어 나의 옷소매 끝에

あぁ海辺がある 僕の袖の先に

 

トゥ ボレ フルヌン ムルジュルキル タッカネン タセ
두 볼에 흐르는 물줄기를 닦아낸 탓에

両頬に流れる水流を拭き取ったせいで

 

オ ヘビョニ イッソ ナエ ヌンッコリ クテ
오 해변이 있어 나의 눈꼬리 끝에

あぁ海辺がある 僕の目尻の先に

 

トゥゴプケ チャオルン ムルバンウリ スミョドゥン タセ
뜨겁게 차오른 물방울이 스며든 탓에

熱く込み上げた水滴が染み込んだせいで

 

ナ ホンジャ ウィッタンソン キル イロッソ
나 혼자 외딴섬 길을 잃었어

僕1人離れ島 道に迷ったんだ

 

カムジョネ ビンヒョルキ ジョンジェニ ナン モリッソッ
감정의 빈혈기 전쟁이 난 머릿속

感情の貧血期 戦争になった頭の中

 

チュオゲ ムルギョル ソゲ パル タムコギエン
추억의 물결 속에 발을 담그기엔

思い出の波の中に足を浸すには

 

シムジャンカジ オロブトゥル マンクン チャガウォ
심장까지 얼어붙을 만큼 차가워

心臓まで凍りつくほど冷たい

 

オ ヘビョニ イッソ ナエ オッソメ クテ

오 해변이 있어 나의 옷소매 끝에

あぁ海辺がある 僕の袖の先に

 

トゥ ボレ フルヌン ムルジュルキル タッカネン タセ
두 볼에 흐르는 물줄기를 닦아낸 탓에

両頬に流れる水流を拭き取ったせいで

 

オ ヘビョニ イッソ ナエ ヌンッコリ クテ
오 해변이 있어 나의 눈꼬리 끝에

あぁ海辺がある 僕の目尻の先に

 

トゥゴプケ チャオルン ムルバンウリ スミョドゥン タセ
뜨겁게 차오른 물방울이 스며든 탓에

熱く込み上げた水滴が染み込んだせいで

 

オ へビョン
오 해변

あぁ海辺


illa illa illa illa illa
illa illa illa illa illa

 

ヌンカエ イルロイヌン パドエ ナン ット フィッスルリネ
눈가에 일렁이는 파도에 난 또 휩쓸리네

目元に漂う波に僕はまた流される

 

ウヌン ボブル アルリョジュゴ サラジン ニ トゲ
우는 법을 알려주고 사라진 네 덕에

泣き方を教えてくれて消えた君のおかげで

 

ドンゴネ チャウッカン アンゲル コッチル ナリ オンネ
동공에 자욱한 안개는 걷힐 날이 없네

瞳孔に立ち込める霧は晴れる日が無いね

 

トゥリ コットン モドゥン キル ピョニ コッチル モッテ
둘이 걷던 모든 길을 편히 걷질 못해

2人歩いた全ての道を気楽に歩けない

 

サムチゲ ックロアンドン ニガ イジェ オプキエ
사무치게 끌어안던 네가 이제 없기에

沁みるほど抱きしめていた君がもういないから

 

ソメロ ヌンカル ビビョ ックミ アニラソ シロ
소매로 눈가를 비벼 꿈이 아니라서 싫어

袖で目をこする 夢じゃないから嫌だ

 

イロン ナル トゥゴ オディガ
이런 나를 두고 어디가

こんな僕を置いてどこへ行くの

 

ネ キブヌン プップヌガ チナガン ティ チョギアッ
내 기분은 폭풍우가 지나간 뒤 저기업

僕の気分は嵐が過ぎ去った後の低気圧

 

オ ヘビョニ イッソ ナエ オッソメ クテ

오 해변이 있어 나의 옷소매 끝에

あぁ海辺がある 僕の袖の先に

 

トゥ ボレ フルヌン ムルジュルキル タッカネン タセ
두 볼에 흐르는 물줄기를 닦아낸 탓에

両頬に流れる水流を拭き取ったせいで

 

オ ヘビョニ イッソ ナエ ヌンッコリ クテ
오 해변이 있어 나의 눈꼬리 끝에

あぁ海辺がある 僕の目尻の先に

 

トゥゴプケ チャオルン ムルバンウリ スミョドゥン タセ
뜨겁게 차오른 물방울이 스며든 탓에

熱く込み上げた水滴が染み込んだせいで

 

オ へビョン
오 해변

あぁ海辺


illa illa illa illa illa
illa illa illa illa illa

 

ヌンカエ イルロイヌン パドエ ナン ット フィッスルリネ
눈가에 일렁이는 파도에 난 또 휩쓸리네

目元に漂う波に僕はまた流される

 

クリウォハムン ネガ チェイル チャラヌン イル

그리워함은 내가 제일 잘하는 일

恋しがるのは僕が1番得意なこと

 

ウルジョカムン ネゲ カジャン ピョナナン チッ
울적함은 내게 가장 편안한 집

憂鬱さは僕にとって1番快適な家

 

ッケジョボリン マメ モソリヌン ピョジョッケジル テゴ
깨져버린 맘의 모서리는 뾰족해질 테고

壊れてしまった心の角は尖るだろうし

 

ジルリヌンゴン オチャピ ット ナイル テジマン
찔리는건 어차피 또 나일 테지만

刺されるのはどうせまた僕だろうけど

 

イクスカン サンチョインゴル イクスカン チャッビョリンゴル
익숙한 상처인걸 익숙한 작별인걸

慣れた傷なんだ 慣れた別れなんだ

 

オセッカン アンニョングァ トングロニカジ
어색한 안녕과 덩그러니까지

ぎこちないサヨナラと1人ぼっちまで

 

イクスカン チャンミョニンゴル
익숙한 장면인걸

見慣れたシーンなんだ

 

オ へビョン
오 해변

あぁ海辺


illa illa illa illa illa
illa illa illa illa illa

 

ヌンカエ イルロイヌン パドエ ナン ット フィッスルリネ
눈가에 일렁이는 파도에 난 또 휩쓸리네

目元に漂う波に僕はまた流される

 

パド ソリワ タルクギョン

파도 소리와 달구경

波の音とお月見

 

セロウン ヌンムル アン フルリョ
새로운 눈물 안 흘려

新しい涙 流さない

 

ムノジル コル アルミョンソド
무너질 걸 알면서도

崩れることを知りながらも

 

タシ ッサゲッチ モレソン
다시 쌓겠지 모래성

また築くだろう砂の城

 

パド ソリワ タルクギョン
파도 소리와 달구경

波の音とお月見

 

セロウン ヌンムル アン フルリョ
새로운 눈물 안 흘려

新しい涙 流さない

 

ムノジル コル アルミョンソド
무너질 걸 알면서도

崩れることを知りながらも

 

タシ ッサゲッチ モレソン
다시 쌓겠지 모래성

また築くだろう砂の城

 

オ ヘビョニ イッソ ナエ オッソメ クテ
오 해변이 있어 나의 옷소매 끝에

あぁ海辺がある 僕の袖の先に

 

 

 

 

★リクエスト頂いた曲です。

ありがとうございます!!